内科・小児科・胃カメラ・糖尿病のことなら、岐阜県可児市の梶の木内科医院
 


みなさんあけましておめでとうございます。
今年も、梶の木内科医院院長ブログをよろしくお願いいたします。
さて、今年の初めは、当院で行っている栄養療法のサプリメントなかでも、「ビタミンC」に注目したいと思います。
「ビタミンC」は、抗酸化作用が強く、抗酸化サプリメントとして有名です。
酸化ストレスは、がんや糖尿病、動脈硬化症からくる脳梗塞や冠動脈疾患の原因になっていることがわかっています。ですから、当院では、がんの治療に「高濃度ビタミンC点滴療法」や「ビタミンC」のサプリメントを提供しています。
そしてアルツハイマー型認知症も、脳の酸化ストレスが原因のひとつになっていて、抗酸化サプリメントを使用ことで認知症の予防につながるという臨床研究が、昨年8月に岡山大学から発表されました。

Clinical Benefits of Antioxidative Supplement Twendee X for Mild Cognitive Impairment: A Multicenter, Randomized, Double-Blind, and Placebo-Controlled Prospective Interventional Study(Journal of Alzheimer’s Disease 2019年8月24日)

また、一昨年には、「ビタミンC」が女性の「認知症」リスクを低下させるという論文が金沢大学の臨床研究でも発表されています。
アルツハイマー型認知症が発症する危険因子として、「アポE4遺伝子」がありますが、金沢大学神経内科学の山田正仁教授らのグループが、この「アポE遺伝子」を持つ女性において「ビタミンC」の血中濃度が高い方が認知症発症リスクが少ないことを発表しています。

Higher blood vitamin C levels are associated with reduction of apolipoprotein E E4-related risks of cognitive decline in women: the Nakajima Study.(J Alzheimers Dis. 2018. doi: 10.3233/JAD-170971)

つまり、認知症リスクのある女性に「ビタミンC」を多く摂取すれば認知機能低下が予防できる可能性があるということです。
次回は、「ビタミンC」について、もう少し解説していきますね。

Food containing vitamin C. Healthy eating. Top view

Food containing vitamin C. Healthy eating. Top view


先日、「かかりつけ医等こころの健康対応力向上研修会」に当院副院長坂井医師と矢部医師とともに、アシスタントとして参加してきました。PIPC2019-1 医療法人梶の木会では、「心に触れる医療・福祉サービスの提供」を最も価値のあるものとしています。そして、その最前線にいる、かかりつけ医・家庭医である私たちが、つねにその姿勢を学び磨かなければなりません。
今回の研究会では、ブラインドウォークといった、ワークがありました。PIPC2019-3
目隠しをした患者役のパートナーを、医師役が言葉だけでパートナーを誘導し歩かせるワークです。

PIPC2019-2
私たちの目の前にこられる患者様は、私たちが提供しようとしている医療に関してあたかも目隠しをされているかのように、検査や薬、手術といった医療行為に対して常に不安を感じていらっしゃることでしょう。その患者様の立場に立ってブラインドウォークをすることで、どのような話し方をしてもらうと安心するかを、身をもって体験するワークなわけです。目標を定めたり、細かく誘導したり、目隠しをしている患者様役の立場に立つ医療こそ「心に触れる」そのものだと思います。
私たちは、医療に限らず、人として、常に相手の立場に立った心に触れる対応力が求められていると改めて感じた学びでした。


今回、東京で「運動器抗加齢医学研究会」に参加してきました。運動器抗加齢医学会1 当法人のトレーニングラボ川合での高齢者に対するリハビリテーションは、高齢者の方々の健康寿命のを伸ばすことを目的としています。高齢者のサルコペニア・フレイルと骨粗鬆症を予防するために行うべきことや、また高齢者の方々が日常生活能の中で独居ができるかという評価方法が大切であるという多くの発表がありました。運動器抗加齢医学会2 また、フレイル予防のためには、筋肉量を増やすことと同時に筋肉の質感を高めることが大切であることが、改めて確認できました。そのためには、栄養の管理も大切であり、タンパク質をはじめ様々なミネラル、関節の変形予防にのために、活性酸素対策・酸化ストレスに対する対策も大切だと感じました。
これからのトレーニングラボ川合でのリハビリテーションについても転倒予防のために必要な筋力トレーニングのプランをトレーナーと共有することができました。
当法人の理学療法士・管理栄養士・トレーナーとともに、様々な面からのリハビリテーションの計画をこれからも進めていこうと思いました。


11月3日(日)、11月4日(月)の2日間、東京で開催された「OND(オーソモレキュラー・ニュートリション・ドクター)養成講座」に参加してきました。2019-11-03 09.48.34 分子整合栄養医学という分野ですが、そもそも人間の体は、様々な分子からできているわけです。様々な栄養素やビタミン、ミネラルがその代謝や合成に関与しており、分子の状態を整えることで、体の調子を整えることができます。
人の体には栄養が大切ということは何となくわかっていることですが、これを理論的に学び、栄養から体を整えることの大切さを改めて実感しました。
これからも、薬に頼らない医療の実現に向けて学びをを続けて行きたいと思います。


9月29日(日)に、名古屋市内で日本専門医機構の総合診療領域特任指導医がありました。2019-09-29 09.42.46 地域ケア包括システムという今後の医療制度の枠組みのなかで、私たちかかりつけ医の役割はますます大切になっていきます。
そのなかで、特にかかりつけ医は、地域の方々のゲートキーパーとして、各内臓をみる専門医と異なる総合診療という役割を担っていかなければなりません。
そんな中で、総合内科専門医であり日本プライマリ・ケア連合学会指導医の立場で、これから総合診療医を目指す若い医師の方を当院で積極的に受け入れていくための講習会なのです。
当院が地域医療を目指す若い医師の成長の場となれば、日本の医療の未来のためにも、とてもうれしいことだと思います。


9月22日(日)、9月23日(月)と大阪で開催された日本プライマリケア連合学会の秋季セミナーに参加してきました。
「ティール組織」のセミナーでは、組織の目指すもの、いわゆる組織の目的に向かって、医師・スタッフメンバーが共に協力して自立型の組織を目指すためのスキルを学びました。日本プライマリケア連合学会秋季セミナー1そこには、命令・指示はなく、ただあるのは、「患者様・利用者様が本当に求めるものとはは何か?」「スタッフやスタッフの家族の幸せとは何か?」「社会が求めるものとは何か?」という、まさしく梶の木会の理念「三方良し」を目指す組織の姿でした。
参加した医師・看護師・薬剤師が、それぞれの職種の立場や職場で、どうしたら「ティール組織」を目指すことができるのか、様々なワークを通して学びました。日本プライマリケア連合学会秋季セミナー3日本プライマリケア連合学会秋季セミナー2 特に、今回のファシリテーターの訪問看護師の方が自ら運営されている組織の実例からは、学ぶべきところがとても多かったです。
また、「アンガーマネジメント講習会」のセミナーでは、講師の先生の多くの実例や経験から、自分の物のみかたを変える「パラダイムシフト」の方法、そして「怒りはなくせないけど、コントロールできる」との教えで、怒りの感情のコントロールの方法を多く学びました。日本プライマリケア連合学会秋季セミナー4以前より当法人で取り入れている、CBT(認知行動療法)、マインドフルネスに相通じものがあり、セルフマネジメントの大切さを改めて実感しました。講師の先生の、「他人に怒って、自分の血圧が上がって頭の血管がプチってなったら、そんなばかばかしいことないよね!!」というお話がとても印象的でした。全くごもっともなことです。


9月8日(日)にシティホテル美濃加茂に梶の木内科医院の幹部メンバーが集まりました。すごい会議 そこで、「患者様・患者様をとりまく方々良し」、「スタッフ・スタッフの家族良し」、「社会良し」の三方良しの組織を実現するためにどうしたらよいか、これから一年間の目標を設定し実践できるよう、午前8時~午後6時まで、徹底的に本気で話し合いました。
クリニック内でどんな問題点があるかの洗い出しから始まり、どうすればそれぞれが良くなるのかを徹底的に考えて目標設定を行いました。すごい会議1すごい会議2 長時間の会議ではありましたが、みんな、本気で梶の木内科医院を良くしていこうという熱い思いがお互いに感じられた1日となりました。


先週、梶の木内科医院の幹部スタッフと一緒に、「理念経営の実践」を学ぶために、神奈川県まで1泊2日で合宿研修に行ってきました。医療法人梶の木会は、「患者様・利用者様良し」「スタッフとスタッフの家族良し」「社会良し」の三方良しの実現を目指しています。その理念を組織全体に浸透させるため、そして実践するために、自分達幹部がどうしたらよいかを、まる2日間かけて学んできました。「経営の目的は、縁あるすべての人を物心共に幸せにするためである」という言葉が、私も含めた全参加者の心に浸みた2日間でした。アチーブメントセミナー


先週、スタッフメンバーと名古屋で開催されたセミナーに参加してきました。2019-08-25 15.19.14 そのセミナーの中で、株式会社てっぺんの大嶋啓介さんの特別講演がありました。
大嶋さんは、教育の中で大切なことは、「心づくり」だと話されていました。心のコップを上向きにして、良い習慣を続けることが「心づくり」であると。。そして、習慣が変われば心が変わり、心が変われば行動が変わり、行動が変われば結果が変わり、人生が変わると教わりました。そして、常に本気の習慣が本気の心をつくり、本気のチームをつくると教わりました。2019-08-25 15.23.35 医療法人梶の木会も、患者様・利用者様のため、そしてスタッフメンバー自身が豊かな人間になるように常に本気の習慣を身につける教育を続けていきたいと思います。


昨日、梶の木内科医院で初めて、キッザニアを開催しました。ブラックボード 事前に、梶の木内科医院のLineで当院にお友達登録されている方に一斉に開催のご案内を送り、参加してくれる子ども達を募集しました。募集から数日で定員に達して締め切りとなってしまうほどの人気でした。

キッザニア案内 今回の梶の木内科医院キッザニア2019は、小学校低学年の子ども達に、梶の木内科医院で実際に医師や看護師、管理栄養士の医療職の体験をしてもらい、将来、この子ども達の中から日本の医療を担う子がでればよいなあと思いました。待合風景                         着替えが終わって待合室で、お母さんと待機中です。
カメラマン                         院長の私は、今回は、カメラマンです。
今回のキッザニア2019では、実際に、医師と看護師のユニフォームへのお着替えからはじまり、体の働きを知るブースや、聴診したり脈をとったりするブース、管理栄養士に栄養素を学ぶブースなど、当院独自の特徴を活かした様々な体験をしてもらいました。内臓                          体の働きを知るブースです。

聴診                         診察のブースです。奥にはミニナースがいます。

修了証Ns                               修了証の授与式です。

女の子の中には、「大きくなったら、看護師さんになりたい!」といってくれた子もいたようです。
最後に、当院の小児科寺澤医師より、修了証と参加賞のお土産を参加者全員に渡し、全員で記念撮影を行いました。集合写真


マイナビ2021
インフルエンザ2016
医師募集
受診案内
診療科目
トレーニングラボ河合
梶の木保育園

糖尿病専門医と管理栄養士による糖尿病治療
糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食
 
院長ブログ
スタッフブログ
インターンブログ

| トップページ | 診療案内 | 院内設備 | 医師紹介 | 地図 | 個人情報保護 | 求人情報 | リンク |

医療法人 梶の木会 梶の木内科医院

Copyright (c) Kajinoki Medical Clinic All rights reserved