呼吸器科

kajinoki_hainenrei

「せき」や「たん」が続く、息切れがする……
こんなことはありませんか? こんな症状があったら風邪かな、歳のせいかな、と思う方もいらっしゃいますが、実は、これは、COPD(シー・オー・ピー・ディー、慢性閉塞性肺疾患)という肺の病気の可能性があります。


肺年齢と肺の生活習慣病COPD

COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患)は喫煙が主な原因とされ、肺への空気の通りが慢性的に悪くなりゆっくりと進行していく疾患です。初期の段階では咳、痰、息切れなどの症状を自覚しにくいため早期診断には呼吸機能検査が不可欠です。まずは自分の肺年齢を知ること、定期的な測定を心がけることが大切です。


COPDの検査

肺の病気を評価するため、肺がどのくらいの量の空気を吸い込むことができるか、どのくらいの速さで吐き出すことができるかを調べる呼吸機能検査をスパイロメトリーといいます。肺年齢を測るには、スパイロメトリーを受けることが必要です。


kajinoki_toi2