花粉症

kajinoki_kahun


こんな症状があったら花粉症かも!

kafun01 kafun02 kafun03
kafun04 kafun05 kafun06


花粉症でお悩みの方へ

早めの対策・原因の特定が大切です。
症状が辛くなる前に早めの対策を。

花粉症は症状が進むと集中力の欠如や食欲減退、胃腸症状、全身の倦怠感などにつながります。
花粉が飛散するピーク前の、早めの対応が大切です。



当院の花粉症外来の特徴

  来院して頂いてから診察までの待ち時間を使って、当院のメディカルスタッフがあなたの症状などをお伺いし、スムーズな診察を心掛けています。
  「鼻水が一番つらい」「症状は辛いけど眠くなったら困る」「とにかく効く薬がいい」「飲み薬にはちょっと抵抗が…」など、あなたの症状やご希望を聞き、あなたに一番あったお薬を一緒に探していきます。
  漢方薬の処方も行なっています。
  妊娠している方や授乳中の方はもちろん、通常のお薬の服用が難しい方でも、ぜひご相談ください。
  小児用の花粉症のお薬もご提案できます。



花粉症の検査

花粉症の原因特定のための血液検査もできます。
※保険を使用して3割負担の場合約 2000~5000 円かかります。



花粉症と上手につきあうためのお薬のポイント

ポイント1. 早めの治療が有効です
ポイント2. ご自分に合った薬をみつけることが大切です
ポイント3. 原因を調べるための血液検査も行ないます。
ポイント4. お薬以外の治療や日ごろの対策も併用すると有効です



「花粉症はつらいけど、薬を飲むと眠気が出てしまうのでちょっと…」という方へ

花粉症の薬、アレルギーの薬といっても、その種類は数多くあります。とても眠くなるけれども比較的即効性が期待できるものから、1日1回の服用で眠気はほとんど感じないものまでいろいろです。また個人差もあり、同じ薬でも、効果がよく出る方とそれほどでもない方がいます。あなたの体質にあったお薬を探すことが大切です。症状やその程度にあわせて、あなたにとってベストのお薬の組み合わせを見つけ出しましょう。

以前に飲んだことのあるお薬が分かれば、お知らせください。そして、効果を感じたか、眠気はどうだったかなどを確認しながら、お薬を相談して決めていきます。



「花粉症はつらいけど、妊娠中なのでちょっと…」
「花粉症はつらいけど、授乳中なのでちょっと…」という方へ

当院では、妊婦・授乳婦の方でも安心してお使いいただけるお薬をご提案できます。



「花粉症はつらいけど、花粉症の薬は高いのでちょっと…」という方へ

当院ではジェネリック(後発品)のあるお薬を紹介することもできます。また、院内処方のため、院外処方に比べて、比較的窓口のご負担が少なくてすみます。



花粉症の注射治療について

ステロイドの注射(ステロイドの筋肉注射)は注射一本で花粉症シーズンを楽に過ごせるとの触れ込みで一時期流行りましたが、内服に比べて、はるかにリスクが高くなります。効果が1ヶ月持続する代わりに副作用も1ヶ月続きます。重篤な副作用が生じた場合も薬が排出されるまでの1ヶ月、常に副作用に悩まされることになるためです。 日本アレルギー学会でも「花粉症に対するステロイド注射は望ましくない」ということを警告しています。(もちろん当院ではおこなっておりません)



kajinoki_toi2