「がん」をあきらめない!!がん細胞だけを殺す、つらくないがん治療
高濃度ビタミンC点滴療法(がん治療)

高濃度ビタミンC点滴療法(がん治療)

ビタミンCは古くから強力な抗酸化作用を持つことが知られており、疾病予防・アンチエイジングの目的で使用されてきました。一方で、高濃度ではビタミンCは抗がん作用を発揮することがわかってきました。
がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法は、ノーベル賞学者のライナス・ポーリング博士が1970年代に「ビタミンCの投与によって末期進行がんの患者さまの生存期間が4.2倍~6倍延長した」という研究結果を発表し、注目されるようになりました。しかし、すぐさま否定的な論文が続けて発表されたため、その後はあまり注目されることはありませんでした。

ところが、2005年にアメリカ国立衛生研究所(National Institute of Hearth: NIH)から、『ビタミンCががん細胞に効くメカニズムに関する論文1』が発表されて以来、再び注目され、米国の大学病院などで臨床試験が行われるようになりました。

強い抗がん効果

高濃度のビタミンCの点滴を行うと、血液中で大量の過酸化水素が発生します。
正常な細胞にはこの過酸化水素を中和するカタラーゼという酵素があるので、ダメージを受けませんが、がん細胞はこのカタラーゼがないため、過酸化水素を中和できず死んでしまうのです。

ヒトの膵臓がん、悪性黒色種、骨肉腫の培養細胞は、ビタミンC濃度が400mg/dlに達すると死んでしまいます。

このようなメカニズムから、高濃度のビタミンCはがん細胞にとって《抗がん剤》の働きをしますが、通常の抗がん剤とは異なり副作用がないのが特長です。また、この作用は、ウィルス感染症治療に対しても役立つと発表されています。

高濃度ビタミンC点滴療法は、現在、がん手術後の再発防止、がんの新たな補助療法として、米国・国立癌研究所(NCI)、米国・国立衛生研究所(NIH)において研究が進められている、最先端のがん治療法です。

一方で、ビタミンCは高濃度で抗がん作用を発揮すると同時に抗酸化物質としても知られていますので、がんに罹患していない方には、グルタチオン点滴療法と同様に、免疫力を増強して自然治癒力を高めたり、アンチエイジング、美容、健康の維持・増進、疲労回復などに効果を発揮します。

当院では点滴療法研究会の認定医である院長が治療を行います。

世界各国で行われる臨床試験

2005年
卵巣がん、子宮頚がん、子宮体がん(米国・カンザス大学癌センター)
2006年
末期固形がん(Cancer Treatment in America 病院)
2008年
悪性リンパ腫(米国・ジェファーソン大学)
悪性リンパ種(日本・東海大学医学部)
ビタミンC点滴療法の安全性実験(カナダ・マギル大学)
2009年
非小細胞性肺がん(カナダ・マギル大学)
膵臓がん(米国・ジェファーソン大学)
膵臓がん(米国・アイオワ大学)
2010年
抗ガン剤の効果が低いがん(カナダ・マギル大学)
前立腺がん(デンマーク・コペンハーゲン大学)
固形がん単独投与(米国・サイトスがん研究センター)
世界各国で行われる臨床試験

使用するビタミンC製剤について

国産のビタミンC注射薬は防腐剤が入っているため、高濃度ビタミンC点滴として使用するには不向きです。

当院で提供する高濃度ビタミンC点滴では、防腐剤の添加されていないMylan Teoranta社製のビタミンC注射製剤を使用しています。
このような注射製剤は国内では生産されておらず、海外から輸入しなければならないため、他の点滴に比べて費用は高額になっています。

使用するビタミンC製剤について

次のような方に推奨いたします

がん治療の目的

ビタミンC 50~75g を点滴
  • がんに有効な標準的な治療法がない
  • 抗がん剤、放射線療法などの標準的ながん治療が無効
  • 現在使用中の抗がん剤に併用することで、治療効果を高めたい
  • 標準的がん治療の副作用を少なくしたい
  • がんの手術までの待機期間の治療として
  • 良好な体調を維持しながら、寛解時期を維持したい
次のような方に推奨いたします

その他の目的(アンチエイジング他)

ビタミンC 12.5~25g を点滴
  • 老化・がんの予防
  • 慢性疲労・倦怠感
  • アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎
  • 健康増進
  • シミや肝斑の改善、しわやたるみの改善
  • 肌の保湿力を高める:乾燥肌
  • 皮脂の過剰分泌抑制:ニキビケア
  • 疫機能強化:風邪予防や疲労回復
その他の目的(アンチエイジング他)

G6PDという酵素が遺伝的に欠損している方は高濃度ビタミンC点滴療法で溶血発作(赤血球が破壊される)を生ずる可能性があるので、25g以上のビタミンCを点滴する場合には事前に血液中のG6PDの活性を測定して、欠損がないことを確認する必要があります。

副作用について

  • 重篤な副作用は通常みられません
  • 血管痛が生じる場合がありますが、点滴速度を遅くしたり温めるなどで対処できます
  • 低血糖症状を起こすことがありますので、点滴前には食事を済ませてください
  • 腫瘍から出血する可能性があるので、低用量から開始します
  • 低カルシウム血症によるテタニー症状が希にあります

アメリカ国を始め、全世界共通の手順で行われておりますが、副作用によって死亡に至った例はなく、実際には殆ど副作用のない安全な治療だと言えます。

治療について

開始手順

  • G6PD活性の検査後に初回の点滴を実施する。
  • 12.5g、25g、50g、75gと必要量まで次第に増量。
  • がん治療の場合は50gに達したところで血中ビタミンC濃度を測定し、治療域に達しているかを確認する。

1回の点滴にかかる時間

12.5g

30分

25g

50分

50g

50~100分

75g

90~150分

点滴療法は長時間の点滴となるため個室で行い、座り心地の良い医療用の電動リクライニング式の点滴用ソファ、TV(ヘッドフォン使用)をご用意しています。
また、点滴中は喉が渇きますのでご希望の方はミネラルウォーターをお好きなだけお飲みいただくことができます。

治療について

点滴の頻度

がん治療の場合
  • 最初の6か月間は週2〜3回
  • 効果があればその後6か月間は週1回
  • 開始2年目以降は月1回で継続する
がん治療以外の目的の場合

週1回、月2回、月1回など体調や病状、ご希望に応じてご相談の上決定します。

高濃度ビタミンC点滴療法(がん治療)の費用

有効な抗がん剤や放射線治療がある場合や現在治療中の場合は、併用を推奨します。すでに有効な標準治療に代わるものではありません。

価格はすべて税込表示です。

費用は保険適用外です。

料金は為替や薬剤の価格の変動により変更させていただく可能性がありますことをご了承下さい。

基本費用

初診料

¥5,500

G6PD活性検査

¥13,200

血中ビタミンC濃度測定

¥5,500

点滴費用

高濃度ビタミンC点滴

VC12.5g 点滴

¥12,200

VC25g 点滴

¥16,500

VC50g 点滴

¥18,200

VC75g 点滴

¥24,300

・再診料は一切かかりません。
・実施した点滴・検査の料金のみとなります。
・ビタミンC血中濃度採血は、ビタミンC投与変更時には必ず月1回程度行い、投与量の評価・見直しをします(1回 5,500円)。

メリット
  • 重篤な副作用がない治療法である
  • 標準治療(抗がん剤、放射線治療、手術療法後)の効果が高まる
  • 標準治療(抗がん剤、放射線治療)の副作用が軽減される
  • 体調が良くなる
  • ビタミンCの効果で免疫力が高くなる
デメリット
  • 胸水・腹水のある方は治療を受けられない
  • まれに血管痛が生じる場合がある
  • 点滴中に低血糖症状を起こすことがある
  • 腫瘍から出血する可能性がある
  • 低カルシウム血症によるテタニー症状が希に出現する可能性がある