糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食

糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食


当院では、糖尿病専門医による治療のひとつとして、ONP(オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル(栄養カウンセラー)の資格をもつ管理栄養士による糖質制限食での栄養指導をおこなっております。


糖質制限食とは

糖質制限食とは、エネルギー源となる3大栄養素である、糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質代謝のうち、糖質のみを制限し、糖尿病や脂質異常症、脂肪肝、メタボリックシンドローム、あるいは高血圧などを改善する食事療法です。

糖質制限の目的は、血糖値やインスリン分泌のコントロールにあります。
そもそも、血糖値が非常にたかくなる状態になると膵臓から多量のインスリンホルモンが分泌されます。多量のインスリンホルモンは、脂肪の蓄積を引き起こし、内臓脂肪となり、内臓脂肪がインスリン抵抗性を引き起こして糖尿病が発症します。また、インスリンの多量な分泌は、膵臓のベータ細胞を疲弊させることも知られています。
そこで、血糖を上昇させる主な物質である糖質を制限することで、食後の血糖上昇を抑え、インスリン分泌を節約することができます。
食後過血糖(血糖スパイク)は、様々な病態を起こすといわれていますので、糖質制限食を行うことで、これらを予防することもできるわけです。


糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食


そもそも糖質とは何でしょうか?
糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食


炭水化物から食物繊維を差し引いたものを糖質といいますが、おおまかに、糖質は炭水化物とおなじと考えてよいです
白米は軽く1膳(150g)に含まれる糖質量は55gで、角砂糖に換算すると14個分の糖質量になります。

糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食


糖質制限食の実際

糖質制限食は、面倒なカロリー計算や食事量の制限がないため、従来のカロリー制限食よりも続けやすいことと、カロリーよりも糖質の方が目に見えやすいので、自分で実践しやすいところが特徴です。また、カロリーを制限しないため、空腹感が少なく、満足度の高い食事でよい栄養状態を続けることができます。
当院では、糖尿病の重症度に応じて、管理栄養士が炭水化物の制限の程度を決めています。


糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食


糖質制限食のメリット

食後の血糖の急上昇(血糖スパイク)を抑えることで、インスリンの過剰な分泌を抑え、肥満の予防につながります。また、過剰な糖によって、AGEs(糖化最終産物)が増加するといわれています。
このAGEsは諸悪の根源ともいわれ、一旦作られてしまうと、体内からなくなることがなく、酸化ストレスの原因となって動脈硬化を進めたり老化の原因になるともいわれています。
糖質制限食は食後血糖のコントロールをすることによって、これらを防ぐことができます。


機能性低血糖症

食後過血糖は、機能性低血糖症の原因にもなり、不眠やうつ病などの精神疾患から、様々な不定愁訴の原因にもなります。
これらの病態にも糖質制限食の有効性が認められており、当院でもONP(オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル(栄養カウンセラー)の資格をもつ管理栄養士による栄養指導をおこなっています。


糖質制限食の楽しみ方

当院管理栄養士の監修による「糖質制限メニュー」をお楽しみいただけるレストランをご紹介します。
岐阜県可児市にある「オーベルジュ・ドゥ・リリアーヌ」さんです。


糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食

 

糖尿病専門医と管理栄養士による糖質制限食


糖尿病専門医 坂井聡美医師

糖尿病専門医 坂井聡美医師
糖尿病専門医の立場から、食事療法を中心に、できるだけ薬に頼らない医療をめざしています。

当院の管理栄養士とともに、 楽しく血糖コントロールを行うことが大切だと思っています。



kajinoki_toi2